• ホーム
  • ミノキシジルが全く効かない

ミノキシジルが全く効かない

髪に悩む男性

ミノキシジルはもとは医療現場で使用されていた成分です。
血管拡張作用があり、血流を促進させる効果があります。
発毛に際して重要なのは、毛母細胞が活性化することです。
そしてそれには、毛母細胞に必要な栄養が届けられることが欠かせません。
栄養は血液に乗って届けられますが、頭皮はもともと血流が滞りやすい部位です。
そのため栄養が届かず、毛母細胞が不活性になってしまい、発毛がうまく行われなくなってしまうことも多くなりがちです。
しかしミノキシジルの血管拡張作用はこうしたことに働きかけるため、発毛や育毛に対しても効果があるとされています。
実際、ミノキシジルが含まれた育毛剤の商品には、その効果を臨床実験で証明しているものもあります。
しかし一方で、ミノキシジルが全く効かないと言う場合もあります。
この場合、まずは薄毛や抜け毛の発生している原因が血行不良によるものではないと言うことが考えられます。
たとえば男性ホルモンや女性ホルモンの分泌バランスの崩れや、男性ホルモンを発毛抑制物質に変換させてしまう酵素が原因の場合は、ミノキシジルでは太刀打ちできません。
その場合には、その原因に応じた成分を使用することが求められます。
男性ホルモンの生成を抑制する働きを持つ成分フィナステリドもAGAに効果があるので、ミノキシジルが効かない場合は使用してみてもよいかもしれません。
フィナステリドが含まれた商品といえばプロペシアがあります。
プロペシアなどは通販でまとめ買いしておくことで低コストでのAGA治療が可能です。
また正しい使用方法を守っていないことも、ミノキシジルが効かない原因としては考えられます。
育毛剤であれば、使用方法を守ることが大原則です。
たとえば1日2回、朝晩を目安に使用すると言う方法が定められていたとします。
この場合、朝、使用するのを忘れたからと言って夜に2回分の量を使用しても、望ましい結果を得ることはできません。
正しい方法を守り、ミノキシジルを常に一定濃度、毛母細胞周辺に留めておくことが重要ですから、使用方法は必ず守って下さい。
またミノキシジルの有効性は、継続使用することで認められています。
1ヶ月程度使用して、効果がないと判断してしまうのは早すぎると言う点も留意しておく必要があります。