ハゲの男性

AGAの改善を考えるのであれば、現在内服薬と外用剤の2種類の方法があります。
特にミノキシジル配合の育毛剤や内服薬は薄毛の改善に効果的であるといわれています。
しかし、飲むタイプのミノキシジルについては副作用があり、危険性が多少あるので、服用する場合は注意が必要になってきます。
そこで、飲むタイプのミノキシジル配合の薬にはどのような副作用があるのかというと、低血圧、多毛症、ニキビや肌荒れ、性欲減退などの副作用があると考えられています。
まず、低血圧に関しては、ミノキシジルは育毛のために開発された成分ではなく、もともとは血圧を下げる薬ですから、当然低血圧状態になることが十分予想されます。
特にもともと低血圧の人は、副作用が強く出る可能性があるので注意が必要になってきます。
多毛症については、ミノキシジルは髪の毛の成長に効果的ではありますが、それは必ずしも頭部の髪の毛に対してだけではなく、他の部分の毛も濃くなる可能性があるということです。
例えば、髭や腕、足の毛などの部分の毛が濃くなることがあります。
ニキビや肌荒れについては、ミノキシジルのもつ血管拡張作用が関係していると考えられます。
血管を拡張するということは髪の毛だけではなく、皮膚の成長を促進することにつながり、皮脂の分泌が過剰になるとニキビや肌荒れの原因となると考えられます。
また、フケの発生も増える恐れがあります。
性欲の減退については、現在原因については良く分かっていませんが、飲むタイプのミノキシジルを使用した人の中に性欲の減退があったという訴えが少なくありませんから、何らかの影響がある可能性があります。
これらの副作用などが出た場合は、ミノキシジルの使用は一度中断した方がよいと考えられます。